税込8000円以上のお買い上げで送料無料

クリスマスには何故チキン?

クリスマス前にもなると、街のお惣菜やさんやスーパーにはたくさんの鶏肉料理が並びます。
丸ごと鶏もスーパーに所狭しと並び、骨つきのレッグ肉もいっぱい。
ファーストフードチェーンも、様々なフライドチキンのセットをクリスマスに合わせて売り出します。

では、どうしてクリスマスといえばチキンを食べるようになったのでしょうか?

クリスマスのチキン料理
チキン料理

チキンじゃなく七面鳥だった

実は、欧米では鶏肉ではなく七面鳥を使うのがポピュラーなのです。

七面鳥はアメリカ大陸に野生でいた鳥なので、アメリカにやってきた移民達はそのあたりに沢山いて手近に捕まえられる七面鳥をごちそうにしました。

アメリカやカナダで捕まえられた七面鳥はやがて家畜化され、欧州にも渡りました。
そして感謝祭やクリスマスのごちそうとして出されるようになったのです。

七面鳥とは


なぜ七面鳥からチキンに?

クリスマスの習慣が欧米から日本に持ち込まれていくにしたがい、ごちそうを食べる習慣もだんだん伝わってはきました。
しかし七面鳥はもともと日本にはいなかった種類の家禽であり、その飼育もなかなか国内では広まりませんでした。

現在でも日本国内で七面鳥の飼育を行っている家禽業者は居る事はいますが、鶏に比べて出荷出来るようになるまでに時間がかっかり、コスト的にはきつくなるのでそう多くはありません。

そこで、七面鳥よりも安く沢山生産出来て、簡単に手に入るにわとりの肉を代わりに使うようになったのです。

クリスマスってチキンじゃなきゃだめ?

上記の通り、チキンを使うこと自体、本来のお料理の代用のようなものから出た習慣です。

それに、アメリカでは七面鳥を食べるのはどちらかというと感謝祭で、クリスマスにはハムなども食べています。
ドイツではがちょう肉なども定番のひとつですから、必ずしもチキンとは限りません。

なので、鶏肉にこだわりすぎる必要は全くありません。
好みの問題等でチキンはどうも、という人は牛でも豚でも構わないのです。

要は「特別感のあるお料理」ならなんでもいいんです。

ちょっとした工夫次第で、いかにもクリスマスらしい華やかな料理にする事が出来ます。

クリスマスに牛肉料理豚肉料理魚介類メニュー

もちろん魚介類やパスタ、和食や中華、その他アジア料理だって構いません。ご自分のお好きなお料理で良いのです。
懐石等を中心とした和食レストランでも、クリスマスメニューを出しているお店は少なくありません。

懐石料理でクリスマス

最近はホロホロ鳥やダチョウなどなども、クリスマス用のお肉として売り出されている向きがあります。

珍しいお肉をクリスマス料理に


レディースサンタコスプレ衣装はこちらで
<

カートに入れる

かわいいクリスマス衣装

サンタコスプレ豆知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」