税込8000円以上のお買い上げで送料無料

クリスマスツリー

サンタさん、トナカイと並んでクリスマスの定番といえば
華やかな飾りがいっぱいついた緑の クリスマスツリーですよね。
モミの木、もしくはそれを模したプラスチックなどのツリーに、華やかな電飾やボール、リボン等の飾りをいっぱいつけるのが今の定番です。

コスプレ衣装の題材としても今はポピュラーで、ツリーを模したネタ系の衣装も沢山あります。

この「モミの木をクリスマスに飾る」由来はいったいどこから来ているのでしょうか?

クリスマスツリー

クリスマスツリーの由来

もともとはキリスト教のお祭りであるクリスマスとは直接関係なかったもので
北欧にいた古代ゲルマン民族が常緑樹である樫を冬のお祭りに使っていたことが始まりです。

これが後に北欧地域にキリスト教が布教されていった過程でモミの木に変わり、様々なキリスト教関係の伝承などと結びつき今のクリスマスツリーへと姿を変えていきました。
常緑樹を使うのは、冬でも緑の葉をつけていることから力強い命の象徴として選択されたと考えられています。

15世紀の始め頃には既にドイツでツリーを飾り始めていた記録が残されています。
その後約2世紀を費やし、ツリーをはじめとしたクリスマス文化は欧州の各地やアメリカに伝わり、時間をかけて今のような華やかな飾りをつけるようになりやがて日本でもクリスマスのシンボルとなりました。


現代のクリスマスツリー

かつては本物のモミの木も多く使われましたが、現代の生活様式では生きたモミの木を一般家庭で管理するのは難しいです。
ですから、今の日本ではプラスチックで作られた模造ツリーが広く使われています。
プラスチックだと彩色の幅も広いので、ホワイト等様々な色のクリスマスツリーが作られるようになりました。

大きさも様々なものが作られるようになり、住宅事情やイベント会場の都合、置き場所等に合わせて幅広く選ぶ事ができるようになっています。

また、実際の火を使ったろうそくを飾りにつけるのも火災防止の観点から難があるため、最近ではLEDの色とりどりの電飾が使われるようになっています。

カートに入れる

かわいいクリスマス衣装

サンタコスプレ豆知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」