税込8000円以上のお買い上げで送料無料

クリスマスにトナカイ

サンタ、ツリーと並ぶクリスマスのシンボルといえばトナカイ。
コスプレ衣装でもトナカイモチーフのものがたくさんあります。

トナカイっていったどういう動物なのでしょうか。
そしてなぜ、クリスマスのシンボルとなっていったのでしょうか。
トナカイ

リアルのトナカイってどんな生き物?

哺乳綱鯨偶蹄目シカ科トナカイ属の動物、つまり鹿の仲間です。

「トナカイ」というのはアイヌ語の呼び名でですが北海道に野生のトナカイがいるわけではないので、北方の民族繋がりで名前が伝わったと考えられています。

英語では「レインディア (reindeer)」、アメリカではカリブーと呼びます。


大きいオスだと300kgを越えることもある、体躯が大きな鹿で、夏になると毛が生え変わり普通の鹿に近い感じですが、冬はふさふさした毛になりますのでどっしりした外見になります。

大きな蹄を持ち、雪の中でも歩きやすくなっています。

もともとはアラスカやカナダ、シベリアなどの寒い地域に棲息する野生の動物です。
かつてはスウェーデンにもいましたが現在スウェーデンに野生のトナカイはいなくなっており、飼育されているもののみです。

基本的には草を食べていますが雑食性で時にネズミの仲間を食べることもあります。

野生のトナカイは一夫多妻制の群れをつくり、夏が来ると北へ、冬が来ると南へと長距離を移動していきます。


家畜としてのトナカイ

トナカイは北アメリカや北欧などで家畜化されていて、食用になったり角を飾りとして利用したり、毛皮をとったりそりを引くのに使われていました。

日本でも飼育している動物園や農場は決して多いとは言えませんが、観光のトナカイ農場は存在します。

トナカイとクリスマス


クリスマスにトナカイ、というイメージは18世紀頃の絵本や、19世紀にアメリカの新聞に掲載された作者不詳の詩「A Visit from St. Nicholas(サンタクロースがきた)」の影響が特に大きいと言われています。

特に後者の詩はそりを引くトナカイの頭数が8頭とされ、アメリカでのクリスマスのイメージに大きな影響を与え、日本にもそのイメージが輸入されるかたちになっています。


トナカイコスプレ衣装はこちらで
<

カートに入れる

かわいいクリスマス衣装

サンタコスプレ豆知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」